2017.7.14 「メアリと魔女の花」

※ネタバレないよー※

 ちょっと前回のエントリー長くなりすぎたなー。まあシリアスな話題だったからしょうがないか!前回1000字以内に収めようとしたら3193字あった。一番最初の記事から、2506字→2607字→3208字→4203字→3193字だった。今回は1000字以内に。

 

 てなことで今日は「メアリと魔女の花」観にTOHOシネマズ新宿へ。あ、インスタから飛んできた皆さんこんにちは。ここまで演劇とか映画とか本の記事しかあげてないけど、これからはもっと緩くなって行くよきっと。だからたまーにでものぞいてみてね。映画とか演劇とか鑑賞したときは基本記事あげるけど。自分のために。そこんとこは最初の記事読んでおいてね。暇な時でも。

 

okko1101.hatenablog.com

 

 TOHOシネマズデーはありがたい。ファーストデーも基本行くけど、さらに安く行ける日あるの感謝。メンズデーも作って欲しいです。ついでに男性専用車両つくって欲しいです。

 

 今までの自分の人生で、メアリみたいなアニメ映画はターニングホイントになってる感じがする。バケモノの子秒速5センチメートルを一緒にみたことで今までの人生はガラリと変わって、色鮮やかな世界を見させてもらう始まりになったし、SINGが元サヤのきっかけになった。まあそのSINGのせいってかそのあとの自分の選択が自分が相手より至らない人間だったことをまざまざと思い知らされたんだけどね。こういうこと書いてたら1000字どころじゃない!まあいつでも喋れるし。

 で、それゆえ今回はこの映画が観たい!ってなって観てきました。あと、心がほっこりしたかった。

f:id:okko1101:20170714232906j:plain

 あらすじはこんな感じ。って載せようと思ったんだけど、ちょうどいい長さのあらすじなかったし、今回あんまり内容に言及しないから載せなくてもいいでしょう!あとここまで読んでくれてる、読んでくださってる人、方々は今更あらすじとか大丈夫だと思った。てかあらすじとか調べない方が面白いよきっと。さっき覗いてみたら結構深く書いちゃってるあらすじもあったし。

 

 観ているときは二回うるっときて、観終わってセカオワの曲流れてる時にもう一回うるっときた。なんて言えばいいのか難しいけど、ジブリとかああいうアニメの映画は結末が正直見えちゃう。結末の裏切り方とか細かいディティールの伏線回収とかはあんまり見えない。むしろいらない。それは理解した上で、観て面白いかっていうことな気がする。主人公のことを何も考えずに応援する。その流れが心地よくて観てしまう。

 アニメ映画見に行く時はそんな気分で観に行く。晩年のいいとも見る感じ。悪く言えばマンネリだけど、いい意味で安定していて、少し仕掛けもある。今回のメアリもその期待に応えてくれました。すごい観ていて気持ちが入っていきやすくて、こういうの観にきたんだよなーって思いました。もう心の中で「頑張れー!」って思ってました。あと映画は音楽との親和性が高いとさらに良く見える。劇中歌もだけど最後のセカオワの歌もすごいよかった。そんな感じで、今回の記事は短く終わると思った。

 

 あと、これは一人で行かないほうがいいねー!TOHOシネマズデーだったこと急に気づいてチケット予約したから一人だったけど、本来複数人で見たほうがいいと思う。特に、カップルじゃないちょうどいい感じの男女二人がいい!!最初に好きになったほうが、押していって少しずつアプローチかけている頃に敢えて少し引いてみることで相手の反応確かめてるころの二人!引いてみても相手が離れないで付いてきてくれてるの確認していける!って自信持つかどうかのあたりの二人!これがいいと思う。深く考えないでいいから、見るだけで終われるし必ずいい終わり方になるからねー。

 7/8から公開なのでまだまだ時間あるから、ぜひ劇場に足運んでみてください!

 

 

 予告編見てたら、キミスイでうるっときたから見に行くし、ここさけも一応見に行く気がする。君の膵臓をたべたいってキミスイって言うんだね。なんだかんだ忙しい今月。嬉しい忙しさ。よしテスト勉強頑張ろ。次はきっと7/28の演劇。いやその前に3日間帰省するんだった。

 

計1725字